忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この年になると、なんだか里山の風景が愛しくなってきた。

1217ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWも過ぎた頃、なぜか立派な桜が里山で満開であった。


1227ef174.jpg

こちらの桜は、広島県東城町の里山でであった桜。

桜のシーズンの狂想曲じみた撮影行も落ち着いて、散りゆく桜を惜しみつつ、静かにシャッターを押す。

 

 

 

 

 

 

 

0669sp90.jpg

 

肥料袋をカットして、苗の風除けを作る。

農家さんの発想とアートな感覚が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

1221ef174.jpg

 

施肥を施すため、無造作に置かれた肥料。

何気なく置かれているが、翌日の作業の手順を考えて、実は規則正しく置かれていたりするのだ。

 

 

 

 

 

 

1244ef174.jpg

 

 

里山の風景。

田んぼに水が張られて、アチコチの農家さんたちが忙しく作業を始める。

 

 

 

 

 

8f01f0a2.jpg

 

農作業の主役は、当然、経験豊富なジイバアなのだ。

年寄りが若者たちに邪魔がられたり馬鹿にされず、むしろ尊敬されて大事にされる環境。

本来の政(まつりごと)は、こういう社会を目指していたのではないだろうか?

年寄りも頼られて、必要とされることで、生甲斐が生まれ長生きできる。

今の政治家は、何処を見て政治をしているのか?

 

 

 

1245ef174.jpg

 

 

農家さんは花が好きだ。

どこの農家さんの庭や畑の隅でも草花を植えてある。

農作物を育てているから、植物の命の大切さを実感しているのだろうな?

 

1249ef174.jpg

 

この花たちは、きっと忙しい作業の中、ふっと手を休めた時に眺めたり、お昼を食べながら、自分たちが眺めるために植えられるのだろうが、私のような行きずりの異邦人にも花の美しさを、おすそ分けしてくれる。

 

 

 

 

 

 

どんなに忙しくても、美しいものを商売とは別に育てられるこの余裕。

本当に農家さんってエライなあ!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» おはようございます。
きらりきらさん、毎度です。

里山の風景、楽しませていただきました。
今の時代、都会の風景も一瞬で変わったりしますが、里山もどんどんとその姿を変えているようですね。
今年は緑豊かだった山が、来年行くと木がなくなっていたりとか…。。
いつまでこのようなのどかな風景が見れるのでしょうか。
僕もこういう風景の前の立つと、そのような思いを感じられずにはいられません。

里山は仰るようにどの季節にも花がたくさん育てられていて、僕たちを楽しませてくれますよね。
植物を愛せる心、今の日本人には一番必要なものなのかもしれませんね。(^^ゞ
けんちゃま 2008/05/22(Thu)10:10:38 編集
» こんにちわー。
けんさん、まいどですー。

里山って、ほんとにいいですよね♪

ただ、里山に限らず、私たちが何気なく撮っている風景も、数10年後には見られない光景かもしれないと思うと、ますます精力的に撮影していかないといけない気がしてきます。

今週末は、何を撮ろうかと思っています。
ネタ的に、今が一番撮るものがないですね^^;
きらりきら 2008/05/22(Thu)13:06:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]