忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この日は単焦点レンズでの撮影を楽しんだ。

0323sp90.jpg

 

 

普段はズームがどうしても出番が多いので、使わないうちに腐っても困るし(爆)、近場周りをシグマEX28mmF1.8DGmacroと、タムロンSP90mmF2.8macroの2台で廻った。

 

 

 

 

 

これはタムロン90mm


0383ex28.jpg

 

これはシグマ28mm

 

 

 

 

 

0384ex28.jpg

 

 

これも同じく28mm。

蓮華草を刈り取り、田植えの準備が始まっていた。

 

 

 

 

 

 

0385ex28.jpg

 

古代の遺跡公園は八重桜が咲き始めていた。

28mmレンズは、屋内ではAPS-Cではキツイ場合も多いが、外でのスナップだと結構オールマイティーな画角に思える。

 

 

 

 

 

 

0390ex28.jpg

 

田舎の農家さんの集落は、家の前に綺麗な川が流れている。

野良仕事から戻ってきて、手を洗い、長靴を荒い、鎌や鍬など道具を洗う。

そして採れたての野菜の泥を落としたり、水車に芋を入れて皮を向いたりと、生活にこんな用水路は欠かせないのだ。

28mm。

 

 

 

 

0393ex28.jpg

 

28mm。

マクロなので寄って撮れる。

F値は2.0-2.8で撮る事が多く、広角なのにボケも充分発揮できる。

 

 

 

 

 

 

0394ex28.jpg

 

28mm。

ちょっと絞れば、かなりはっきり映る。

 

この日は雨がぱらつく中、単車で出かけ、三脚もカメラバッグも無しで手撮りだったのだが、撮った場所が山の陰のような場所であったため、90mmだと手撮りはキツク、結果的に28mmの絵ばかりになってしまった^^;

 

 

 

0395ex28.jpg

 

 

えんどう豆の花。

28mm。

近接で撮ると、シグマもボケが綺麗だなと感じる。

でもピントが薄くて手撮りは結構気を使う。

 

 

 

次の28mmの出番は何時になることやら(笑)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんにちは
きらりきらさん、まいどですー。

28mmはAPS-Cでは本当に撮りやすい画角ですね。
撮影距離の制限もあまり受けずにすっと構えてすっと撮れるってな感じでしょうか。
僕も大好きな距離です。
これが35mmだとちょっとまた違った感覚になるんですよね。
でも描写的に35mmのLサマを使うことがとても多くなっていますが(笑

今回の花の作例、どれも素敵な感じで撮れてますね。
これからもカビが生えない程度に単焦点を引っ張り出してあげて下さい。(^^♪
けんちゃま 2008/05/15(Thu)14:38:40 編集
» おはようございます
けんさん、おはようございます。

私の28mmはマクロなので、距離的な抵抗は何もなくレンズの先まで被写体が近づけられるので撮れないという感覚を味わったことはないです(笑)

ただ、このレンズ、シグマの特徴でもある逆光に弱い部分があり、私はトキナーAT-X828のフードを使用しています。

私も35mmL持っているなら、迷わず28mmはお蔵入りでしょう(笑)
個人的にはレンズ力というか、描写の味わいを重視したいです♪
きらりきら 2008/05/16(Fri)08:24:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]