忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

門司港駅に行ってみた。

0323ef174.jpg

 

 

 

見るからに古そうな木造の駅である。

鉄道マニアには有名な駅なのだろうか?

 

最近は、ちょっとした観光地では、このような人力車を見かける。

横浜中華街では、FRP製の流線型のトライクっぽい人力自転車がチョイ乗り300円とかで、走っているが、さすがにレトロなこの町には、新しい人力車は似合いそうもない。


0324ef174.jpg

 

駅の構内。

アールの大きな造形は、効率を考えれば今は手間なせいか、あまり見かけない。

こんなところが昔のいいところだ。

大正3年の建築だから、100年近くが経過している。

 

 

 

 

0325ef174.jpg

 

駅舎内の待合室。

これはさすがに、新しく作られている。

どうもレトロブームで、こういう映画のセットのような安っぽい造りの観光客に媚びた演出が好きになれないのだが、かといって、ここが今風の造りでもチグハグなわけだし。

こういったセットのようなつくりも必要悪なのだろうか。

0327ef174.jpg

 

 

乗車客は、これから本州へ向けて出発するのか?

それとも、九州に到着し、新たに九州内を旅するのか?

行くか帰るか。。。駅のホームではドラマを想像させる。

 

 

 

 

 

0291sp90.jpg

 

駅員さんの服も帽子もレトロだ。

でも、自動改札・・・・・。

昔のカチャカチャと音を立てながら切符を切りながら、料金がおかしいと、すかさず止める名人芸の改札係は今はどこに行ったのだろうか?

 

 

 

 

 

0329ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

駅の敷地内に飾られた歴代の列車の切り絵。

昔は「汽車」と読んでいたが、今は電化も進み、汽車なんて言うと、ほんとに田舎モノ呼ばわりされそう(笑)

今は、とりあえず汽車の通る場所でも「電車が」などと、見栄をはって話したりするのだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんにちは
きらりきらさん、毎度です。
レトロな絵にアンダーな感じがナイスな雰囲気ですね。
僕ならどう撮るかななんて想像が膨らみ、プチ旅行をさせてもらえました。

やっぱり電車で旅行といえば、硬い厚紙の切符を改札でパチンと切り込みを入れて欲しくなりますね。
そんな時代が懐かしいですー。(^^)v
けんちゃま 2008/05/08(Thu)10:47:23 編集
» こんばんわー
けんさん、毎度ですー。

時系列でアップしていくのは苦手なのですが、今回は九州旅ということで、時系列に旅の順番でアップしてます。

電車の改札。
昔住んでた新中野と西国分寺ですが、西国分寺は夜帰ってくると改札の人がお疲れサマーって言ってくれる人がいて、一人暮らしの私にはなんか嬉しかったのを思いだしました。
きらりきら 2008/05/08(Thu)19:11:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]