忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえずEF-M22mmで試し撮りを行い、次に同じくダブルズームセットに付属しているEF-M18-55mmISを試し撮りすることにした。


さすがにズームなので22mmの固定焦点と比べると構図や画角の自由度があり重宝に思う。


スナップ撮りの多い私としては画角が自由に撮れるこちらのほうが性にあっている。
他の多くのユーザーはEF-M22mmの良さを述べられているが、私は画角が一定になってしまう部分に窮屈さを感じ、同じ被写体や構図に対しても、ズームによる画角が変化することで被写体に対するアプローチが増える当レンズのほうが使い勝手が良いように思えた。


蝋梅は実は年末に民家の庭で満開になっているのを見てガッカリしていたが、私はいつもの散歩コースの造園業者の生垣の蝋梅が咲く時機を見て『春』を感じる風物詩としているので、この1月末の蝋梅を見て春だなあと思うことにした(笑)



散歩道の庭先のウメモドキを撮影。
やはり安いズームの宿命か。ボケが汚い(涙) このボケだけに限って言えば断然EF-M22mmに軍配が上がる。
EF-M22mmを多用される方は、その部分に魅力を感じられるのであろう。
いずれにしても近接域のAFの迷い具合は尋常ではない(笑)
恐らく安物のコンデジでもここまでAFを迷うことはないと思う。AFのハズレ率は私のカメラだけかもしれないが近接域では100%である^^;
AF+MFの撮影モードにしているので勝手におかしなところにピントをおいたレンズをグリグリと回しながらピントの山を探す。
この構図のようなメインの被写体が浮き上がっている構図ならば、それなりにピントの山は液晶で見てあたりを付けられるが微妙な構図でピントをピッタリ持っていける自信は、今の私にはない(苦笑)


散歩道の用心深いネコ。 目に私に関する警戒感がアリアリと伺える(笑)
これも55mmで撮れるから撮影できたわけで22mmでは近づく途中で逃げられてしまうと思う。


大きなサヤエンドウのような種は藤の実。これも背景が汚いですね^^;ピント部分の描写も甘く、開放付近での撮影は要注意のレンズだと思う。
大山の風景撮りは22mmではどうにもならない場所から取っていて、私には55mmまで撮れる部分に値打ちを感じている。


鳥取県日野上小学校跡の大銀杏。
朝、広島に出かける途中に撮影。秋のシーズンには改修?工事をやってて絵にならなかったので昨年の紅葉は撮れなかったが、私は雪のこの場所の絵も好きだ。


広島で仕事を終え、宿に入る前に川沿いの遊歩道を4キロほどジョギングした。
軽くてコンパクトなEOS-Mをミニショルダーに入れてたすき掛けして走るが、何のストレスもない。
この絵はトリミング。

こちらがノートリミング。


リトルリーグの練習か?





雪の残る西城町。手撮り。


こちらはカメラを持ちつつの12キロの散歩に出かけたときに出くわしたイタチ。
55mmで撮影した画角を300mm程度の画角までトリミングしている上、とっさの撮影のため絞り開放のままであるので解像度については目をつぶって欲しいが、偶然の出会いにこうして絵を撮れるのは7Dをバッグに入れていては、まず無理な絵であったろうと思うと、撮れたことに満足している。

ズームレンズなりの描写力などの犠牲を払う部分はあるかもしれないが、スナップとしての自由さは魅力的であり、マクロ撮りや作為的に狙ったブツ撮りでもない限り、私はEOS-Mはズームとの組み合わせを使うだろうと思う。



ここからはオマケ画像。




国道沿いの他人の家の裏山にウメモドキが群生していて、オフクロが撮影して欲しいと言うので7DとEF-S55-250mmISにて撮影。
さすがに他人の敷地には入れないので、私の今の最大望遠の250mmを使用した。

最近はほんとにキットレンズばかりで撮っている。
風景撮りの大半が絞って撮るケースが多く、しかも手撮りが多いので、撮影範囲が広く軽くて手撮りしやすいキットレンズは今まで使用してきた大口径ズームを思うと楽チンに思える。
年を取るにつれ、だんだん撮影が横着になってきたかもしれない(笑)
レンズは価格なりが定説ではあるが、キットレンズの価格なら、私にはコレだけ撮れれば十分にも思えるのだ(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]