忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

0940atx828f3.5s1.250.jpg風景写真を撮っていると、風景だけで絵として成立する場合と、何か別の被写体がないとどうにもサマにならない風景に出くわす。

撮ってて、なんとなくは絵になるのだが、何かが足りない。。。

そんな時、犬なり猫なり、構図の中に入ってくれれば、キチンとした絵が出来上がったりするので、その偶然を楽しみにカメラを構えることも少なくない。

特に、風景の中に人物が入ることで、いろいろなストーリーを組み立てることが出来て、ついつい人を一緒に撮影したくなる。

とはいえ。最近は、やれ肖像権だのといろいろ難しく、しかも私のようなwebでの公開を前提に撮影するものにとって、出来れば構図の中に収まった人物とは揉めたくないものだ。

いろいろな判例では、不特定多数の人が出入りするイベント会場やお祭りでは撮影されるということについては寛容なようで、撮られる側も、そう言う場所である場合、ある程度撮られる可能性について覚悟しておく必要があるとか、なんとかかんとかと聞いたことがあるが、それでも、やはり気を使うものだ。


以前、知人が、通学途中の小学生の行列が可愛くて、ついつい暫くの間連写してしまったら、登校に付き添っていた父兄や先生に、『あなたはナニモノなのか』と詰め寄られて、大変だったということだ。

幸いにして、デジカメの場合、画像を消すのは訳のないことだし、文句を言われれば、その人の目の前で画像を消せば大抵は穏便に話はつくのであろう。

それでも。

たまに偶然のシャッターチャンスで、良い絵が撮れてしまったりすると、公開するにあたり、そのモデルさんの許可が撮りたくなるものだが、イベントでの一瞬の撮影であることから、事後ご許可をとることなど不可能に近いわけだ。

この画像も、偶然のシャッターチャンスで納めたものだ。

自分たち家族が綺麗に撮れたか、家族でデジカメの液晶を見つめる微笑ましいカットで、もしこのご家族をご存知の方が居られたら、ご連絡をいただければ、プリントやデータを差し上げたいと思っている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]