忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月上旬に長野に出かけた。
伊那市と佐久市で用事が出来たので、その前後に撮影を入れた。
紅葉情報では、散りはじめということであったが、スケジュールが自由にならないのはサンデーカメラマンの宿命と諦めつつ、まずは伊那市で午前中に終わらせて、蓼科高原のビーナスラインに向かった。


まずは白樺湖のそばの遊園地。



さすがに平日ということもアリ、観光客はまばらでのんびりと景色を楽しむ。
このビーナスラインはワインディングも楽しく、バイクで来たらさぞ面白いと思う場所であったが、肝心の紅葉は、この程度の標高はまだ綺麗であったが、至るところが紅葉というのも撮影のポイントに悩み、良い場所があればと思いつつも、車を停めるスペースも、そう都合よくあるわけでもなく、気がつくとこの遊園地までノンストップで走っていた。


白樺湖を後にして、ビーナスラインの途中にある女の神展望台を目指す。


もう山の紅葉は終わり、カラマツがぎりぎり紅葉して秋の名残を残している状態だった。
振り返ると、この旅はカラマツを追いかけている様な旅だった。


ビーナスライン途中の女乃神氷水。
水の流れるさまがとても美しいのだが、日が当たりコントラストが高くなりすぎて、なんだか汚く撮れてしまった(涙)


女の神展望台より。





女神湖のそばの池。





そのまま軽井沢に入るが、もうそろそろ夕方を迎える時間で撮影的にギリギリの時間帯に突入した。
狙っていた雲場池は紅葉が見事とのことであったが、行ったときには、もう終わっている状態で何枚か撮影したが全てボツにした。
仕方ないので池の周りの別荘地を撮影して気持ちをごまかす・・・・。



旧三笠ホテルと、その前に続く三笠通りのカラマツの並木。
カラマツの並木はガイドブックの写真を見て見てみたいと思ったが、写真は夏の繁った状態のもので、訪ねたときは寂しい景観になっていたし、三笠ホテルは閉館時間間近でもあり入場料を払ってまで見たい熱は私にはない^^;


そのまま万平ホテルを訪ねる。こちらも外から眺めるだけで十分(笑)
こんなホテルには私は泊まれない(笑) 佐久市の安い宿にとまった(笑)
どうも軽井沢はガイドブックを見ても、あまり興味が湧かない場所だった。
本当は自転車を持ち込んでいたので、自転車で回る予定であったが時間が足りなかったので、車で夕暮れまでの時間を足早に回った。


翌日、昼過ぎに佐久市で用事があるので、それまでの時間、再び軽井沢に向かい、白糸の滝を見ることにした。
あいにく、朝から雨で傘を差しつつ数分歩いたら、簡単に滝に到着。


雨はかなりの量だが、次々と大型バスの観光客がやってくる。
しかし、個人的には、あまりこの滝を見て感慨はなかった。
むしろ、この風景を撮り、魅せるプロカメラマンの腕前に感心した(苦笑)




むしろ、滝のこの部分のほうが見ていて面白かった。


もうこのあたりの紅葉も終わっていたが、星野リゾートのそばの野鳥の森の入り口部分を散策したら、わずかに紅葉が残っていた。





野鳥の森の受付の建物につながれてご主人を待つワンコ。




佐久市の用事を終わらせて松本市へ走り、日暮れ時に松本城に到着。
以前、撮影に来たのは早春の午前中であったため、アルプス連山をバックに城を撮ったが、夕暮れのお城もライトアップされていて、なかなか美しい。




もうすっかり日が暮れてしまった。とりあえず秋に撮影したという証拠として紅葉を入れて撮影した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]