忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

顔面神経麻痺になってから初の水中写真である。
お盆を過ぎての撮影は、例年であればクラゲも多くなり、大潮のあとだとエビの産卵などによりゾエアなどが孵化するため、それらによるぷらんくトン湿疹のトラブルも発生するので、海に入らなくなるのだが、この時期から熱帯性の海流に乗って様々な熱帯魚達が山陰の海にも流れ着いてくるので、それらを撮影したくてFinepix F11と水中ハウジングを海に持ち込んだ。

7月に潜ってから約1ヶ月。あのときに撮影した稚魚たちは順調に成長していた。





水中写真の場合、海の中のプランクトンの量や太陽光線の具合で透明度が大きく左右される。
この日は水深のあるエリアは透明度が悪く、撮影コンディションはあまり良いとはいえなかった。



判りにくいと思うが、ヤリイカの編隊である。お盆前後からイカが島根半島の入り江内で見かけられるようになる。
彼らの流線型のフォルムの魅力と私の泳ぎのスピードと似たような泳力であることから、好きでよく追いかけたりする。

これもイカなのだが・・・・・うーん。判りにくいな^^;

これはサヨリ。



イカも意外とカラフルで、斑点模様も美しい。









今年は、お盆を過ぎてもクラゲも殆ど居なかった。その代わりに熱帯魚達もまだ来ていなかった。
やはり猛暑が続いたため海水温も高くて、その影響なのであろう。
いずれにせよ、海水の透明度はプランクトンのせいでよくないので、海での水中写真撮りはこれで今年は終わり。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]