忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桜の季節に、たまたま名古屋城の直ぐ傍を通りがかったらお祭りの準備をしていた。

9916ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

那古野神社と書いてナゴヤ神社と読むらしい。


9915ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど広い神社でもないのだが、なにやら由緒正しい神社のようで、境内は迷路のような屋台のセッティングで、出店も数10軒が軒を並べていた。

9918ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな食べ物の屋台には、早くも多数の予約が入っているようで、どこかの観光旅館みたいに、屋台の入口に客先名を記した立て札がびっしりと並んでいた。

むしろ観光旅館の観光旅館の予約なんてものではなく、大盛況なイメージだ。

私が見学したのはPM3:00位。

どこも準備で大忙しであったが、数時間後にボンボリが点くころには、凄い人で賑わうのだろうなと思いながら、この地に縁のない異邦人としての私は、少し寂しさを感じて立ち去った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» おはようございます。
きらりきらさん、おはようございます。

桜といえば浮かれるのはカメラマンだけではなく、日本全国狂想曲のような盛り上がりで、経済効果も凄いものがあるのでしょうね(笑。

>この地に縁のない異邦人としての私は、少し寂しさを感じて立ち去った。

この気持ち、なんとなくわかります。
いや、知らない土地ではなく自分の近辺でも大阪城、造幣局、桜ノ宮、ものすごい屋台の数と人出なんですが、僕はその楽しいであろう光景に入ることなく、そのような時間帯には近づくことなく異邦人のような目で眺めています(笑。
けんちゃま 2008/04/14(Mon)09:29:05 編集
» こんにちわー
けんさん、こんにちわー。

この手の地元の祭りって、知っている人と出会ったりするから面白いわけで、私みたいな部外者が参加したところで、そもそも酒が飲めるわけでもなし、むしろ疎外感を感じてしまいそうです(苦笑)

タイマーの使い方を覚えましたので、旅の間も、ボチボチと日記がアップできるようになりました♪
きらりきら 2008/04/14(Mon)13:02:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]