忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月のGWに地元の桜祭りの恒例のモデル撮影会に出かけた。
1983sp180.jpg













まずは、タムロンSP180mmF3.5マクロにて。

1895sp180.jpg2141sp180.jpg



















昨年、トキナーAT-X80-200mmF2.8を壊して以来、望遠側のポートレート用に使用しているが、やはり単焦点なので、大勢のカメラマンの中に混じって自分の立ち居地を決めながら画角を調整して構図を決めるには厳しいレンズである。
絞りはF3.5-4程度で撮影したが、背景のボケが汚く見えるときもあり、同じ絞りでもトキナーのほうがポートレート向きであったと思う。

2198sp180.jpg2202sp180.jpg



















2259sp180.jpg2264sp180.jpg



















カメラはEOS-7D。JPG撮って出し。ピクスタはポートレートに設定し、露出はEV=0~+1/3程度だったと思う。ピントは中央部にあわせ合焦後、構図を決めて撮影した。

8400ef85.jpgここからはEF85mmF1.8。
もう年に1回、このモデル撮影会にのみ使用するレンズになってしまった(苦笑)











8394ef85.jpg8442ef85.jpg



















カメラはEOS-20D。 JPG撮って出し。色はシャープネス弱めの彩度やや強め。ピント位置はセンターで決定後、構図を決めて撮影した。露出はEV=0~+1/3程度だったと思う。

8446ef85.jpg8572ef85.jpg



















8454ef85.jpg絞りはF2.2-2.8程度で撮影したが、こうしてみるとピントが浅いなあ(苦笑) ソフトに撮れることはポートレートの場合良いことなのであろうが、なんとなくシャープ感に欠ける気がする。

もちろん私の腕によるところが大きいが(涙)









8746ef85.jpg8770ef85.jpg



















個人撮影会でもない限り、モデル一人に対して50人近くのカメラマンが群がるシチュエーションでは単焦点は厳しいものがある(苦笑) しかも、このモデル撮影会は桜祭り主催のコンテストも兼ねていて、毎年、応募目的で参加される人が多いのだが、例年、審査員の好みの関係で、一般的なバストアップのポートレートが入選することはなく、風景を取り入れてモデルは小さめの構図ばかりが入賞することから、35mmぐらいのレンズで参加される人も多い。
そのため、50人のカメラマンの輪の中で、広角~標準域のレンズのカメラマンは、更にモデルに近づいて撮影するため、次第にカメラマンの輪が小さくなり、望遠側の単焦点で撮影するものにとっては、離れて撮ろうとすると前のカメラマンの頭や帽子が構図の中に侵入してきてストレスが溜まる撮影になる。
入賞するためにレンズを決定するのもひとつのスタイルかもしれないが、コンテストに応募する気のない私としては、正直、ボケの少ないスナップ写真を撮って何が面白いのだろうかと思ってしまう。

8849ef85.jpg8936ef85.jpg



















9027ef85.jpg













9061ef85.jpgとはいえ。モデル撮影会の参加料は無料であるので、普段使わないレンズや機会のない撮影ジャンルを楽しませてもらう身としては毎年ありがたい撮影会であり、多少の不満はあるものの、毎年通いたいと思っている。(笑)

















この日の総撮影枚数はカメラ2台で約1600枚。そのうち、残した絵が50枚程度。フイルムで撮っていたら破産しそうな勢いである(爆)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]