忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テレビで屋久島の映像を見ていたカミさんが、屋久島に行きたいというので、それに似たところがあるよと、2週連続で木谷沢渓谷に行くことになった(笑)
5543997b.jpeg













当日は、またもや雨であったが、以前にもカミさんを連れて行ったのだが、午前中であることと雨が降っていることから雰囲気がガラッと変わって見えると言っていた。
 

5079ef174.jpg5085ef174.jpg



















d2da7f03.jpeg













5083ef174.jpg













5084ef174.jpg













5087ef174.jpg屋久島に似ている場所ということでカミさんを連れた来たわけだが、実際に見る角度によってはもののけ姫が出てきそうな雰囲気もあり、人が一緒に写っていないので判りにくいのだが、この画像の右側の木は30メートル近い高さで、幹の太さも数メートルのスケールであり、十分、屋久島的なスケールだと、私は思っている。








5091ef174.jpg5095ef174.jpg



















5092ef174.jpg













b67dd543.jpeg













5097ef174.jpg













94721f1b.jpeg32eb0260.jpeg



















この木もかなり大きく、ウロの中には人が入れるくらいである。

6794sp180.jpg6795sp180.jpg




















6798sp180.jpg













6799sp180.jpg6803sp180.jpg



















このコケに張り付いているホイップ状のものは、モリアオガエルの卵塊であり、彼らは外的から卵を守るため、水の上の樹上に泡巣をつくり、ここに卵を生んで孵化したオタマジャクシが水面に落ちるという珍しい形態をとることで有名だが、生息地によっては絶滅危惧種としてレッドデータに載っているし、特別天然記念物にも指定されている珍しいカエルなのだが、この渓流の池には、この卵塊が数10個以上有った。先週は全くなかったのに、一斉に産卵することで卵がオタマが外敵に捕食される確率を減らすのであろう。生き物の知恵には驚かされる。
とりあえず、森の風景や野趣溢れるカエルの卵などに出会うことが出来、山陰の屋久島的な感覚で、カミさんも喜んでいた(笑)
5105ef174.jpg



そしてオマケ画像。島根県島根町のとある漁村風景。
山の中にポツンと山陰特有の赤瓦がこじんまりと寄り添っている様が、なんとなく絵になるので撮影した。







5106ef174.jpgd0fd88da.jpeg




















家々の並ぶ距離感が、きっと村人同士の距離感なのであろう。仲良く暮らすために垣根もつくらず、距離も近く家々が寄り添っている様子が、なんとも好感が持てた。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]