忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1437sp90.jpgようやく、桜の撮影が出来た。


ネットでは桜の開花情報を見るばかりで、山陰では全く桜のサの字もなくて寂しい思いをしていたが、先週は関西と愛知に旅に行ったので、各地で撮影してきた。

夜になると眠くなるので、夜桜は無いのだが、一年ぶりの桜とのご対面に、余は満足であった。

しかし。

日本人は、ほんとに桜が好きなんだなー。

平日にもかかわらず、花見の人の多さには驚いた。

意外と多いのは、桜に向けて携帯をかざしている人。
写メする風景は、きっと10年前の花見ではなかったと思う。


何故、みんな桜が好きなのか?

1440sp90.jpgパッと咲きパッと散る潔さが良いとか、淡く優しい色合いが好きだとか、言葉に出せば言い古されたチープな表現しか出来ない自分のボキャブラリーのなさにはガックリ来るが、桜って理屈抜きにグッと来る。

それはきっとみんなも同じはず。

だから、この時期になると街中や公園など至る所に植えられた桜たちが、いっせいに自己主張をするので、車で旅をしていると、意外なほど数多く桜が植えられているのに目が行く。

名所といわれる手入れの行き届いた、欲しい場所にあるべくして植えられた桜は、もちろん風景として決まるが、人知れず、山の中にポツリと咲く桜にも惹かれてしまう。

桜並木の仲良し桜も団体競技の美しさは当然感じるが、一本桜の孤高の雰囲気は格別だ。

とはいえ、名だたる一本桜の銘木は、写真集でしか見たことがない。


写真の魔術というか、例えば津和野・・・・・。
路地脇の水路に泳ぐ見事な錦鯉は、実際のところ何m続いているのかと突っ込みたくなる。

写真により、ホンモノよりも美しく演出されるものもあり、ホンモノの方が写真よりも数倍良い景色だってあるように思う。


写真でしか見てない一本桜・・・・。
今年間に合えば、一本はこの目で見てみたいと思っている。

ここ暫くは生活は桜一色かもしれない。
まさに狂想曲だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
コミニユウテーつながりで遊びに参りました。
はじめまして。
とてもすばらしい構図ばかりですね。
私は今構図の勉強中です。
これからも、参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
te260o URL 2008/04/08(Tue)19:49:06 編集
» ありがとうございます。
te260oさん、はじめまして。

わざわざ書き込みいただき有難うございます。

私はblogも初心者でして、カメラのほうも全くの我流なので、なんとなく手探りでやってます^^;

こちらこそ、よろしくお願いしますm(_ _)m
きらりきら 2008/04/08(Tue)21:35:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]