忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在のカメラ:EOS-10Dと20D、コンパクトはcanon powershot G2,FUJIFILM F11で、コンパクトは殆ど使用しない。銀塩も手元にはカミさんが使えるという理由でEOS-1000Sが残っているが、ここ3年使ったことはない。

レンズ:

canon) EF17-40mmF4L, EF50mmF1.4, EF85mmF1.8,

tamron) SP90mmF2.8macro(171E), SP180mmF3.5macro

tokina) AT-X270pro(28-70mmF2.8), AT-X828pro(80-200mmF2.8)

SIGMA) 28mmF1.8EX DG

その他) LensBaby2.0, kenko-extender×2, extension-tubeEF12など


一番気に入っているのは、EF17-40mm。私の撮りたいものと画角があっている。

次に好きなのはSP90mmF2.8で、上の広角画角以外に、スナップ撮りする場合でも寄れるし手撮りできるしで、2台体制で行く時は、最近は付けっぱなしになっている。

tokinaは、テレ側最短距離での絞り開放撮影で、最近のレンズではないような滲みのあるボケが発生し、好みもあるかと思われるが、私はとても好きで、インナーフォーカスや造りのシッカリしたところが好きで、その他にもAT-X100mmM(100mmF2.8macro)や、AT-X840AF(80-400mmzoom)なども持っていた。画角が被ったり、撮影スタイルから使用頻度が少なくて手放したが、中古価格も安価でコストパフォーマンス的に満足だった。

AT-X270AFproも、EF24-70mmF2.8Lを購入した時に一度手放したが、結局買い戻した。トキナー党と言っても良いくらい好きなのかもしれない。あくまでも中古価格を考慮しての評価かもしれないが^^;

持って居て手放したレンズは多い(笑)

純正レンズではEF24mmF2.8---絞り開放での周囲の流れに気に入らず売却。EF50mmF2.5amcro---手持ちのしやすいコンパクトマクロであったが、EF50mmF1.4や他のマクロと用途が被るのとピントリングのスカスカ度に萎えて売却。EF50mmF1.8---コストパフォーマンスは最高であったが、やはりピントリングがMFしにくく売却。EF28-70mm,EF35-70mmなどのキットレンズは銀塩を使わなくなったので売却。同様にEF70-210mmF4,EF100-300mmなどのキットレンズも意外と使いやすかったが、これも銀塩廃止時に売却した。

意外だったのがEF24-70mmF2.8L、スナップとポートレート用に購入した。その前にSIGMA 24-60mmF2.8EX DGを購入したのだが、10Dとは相性が悪いのと、色が気にいらなかったのでLレンズならと思って買ったのだが、スナップにしては重く、テレ開放撮りがビックリするほどソフトな写りで、ポートレートを想定しての味付けとどこかで読んだが、正直、私には値段の割に有り難味を感じるよりも重さなどの機動性の悪さの方が鼻について売却した。

EF300mmF4L。これも白レンズというものに憧れて(笑)、購入したが、撮影スタイルが風景やスナップがメインであるため、出番があまりなく、広角~標準域での解像度に慣れてしまった目には開放時の解像度にやや不満があったのと、単焦点であるがために風景撮りでは身動きが取れないことが多くて、金欠時に放出した。望遠にしては手撮りも出来る軽さであり、AFスピードはやはり素早く、悪い印象は持っていないが、出番の少ないレンズだった。

SIGMA 17-35mmF2.8-4EX、これは非DGだったが、kissD購入時に広角を補うつもりで購入したが、ロムこそデジタル用に合わせてあったが、逆光には笑えるほど弱く、花形フードは全く役に立たなかった。それと中古であったせいだろうか、酷い後ピンで、AF撮りではまともにピントが出なかった。とはいえkissDのファインダーでは広角でMFなど疲れるばかりであったので、これを売却してEF17-40mmF4Lに移行したときには、まさに目から鱗の解像度の違いを感じたものだ。

三脚も用途に応じて、いろいろな長さと雲台のタイプを使用しているが、風景撮りでよく持ち出すのはクイックセット社ハスキー3段とベルボン社mark-6が多い。単車で移動する時は以前はマンフロット社190Bにマンフロット自由雲台を付けて単車のフロントキャリアに括りつけていたが、振動でパーツが脱落して紛失したりで懲りたため、スリック社700proDXにマンフロット自由雲台をつけて単車で出かけることも多い。散歩撮りではスリック社のエクセラ3やベルボンのmini-Fなどや一脚を持ち歩くことが多い。その他スリック社masterなど、使わないのにとりあえず置いてる。

その他。風景メインのためストロボ関係は用がないのだが、熱帯魚の撮影用にモノブロックストロボやディフューザー、アンブレラなどのほか、ナショナルのPE-400などの大型ストロボや小型ストロボなどのマニュアルタイプを中古で買い集め40基程度を所有しており、スレーブでの多灯ストロボ撮影なども行ないます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]