忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1200sp180.jpg片栗の花が先週からとっとり花回廊で咲いているので撮影をしてきた。

片栗粉は、私自身も料理を色々とするので、和風唐揚げの衣や、天津飯のあんかけには欠かせないもので、随分と昔からなじみがあったのだが、実際にその花を見るのは、実は昨年が初めてであった。

元々花にあまり興味がない上、片栗の花というのは、どこでもそこでも生えるような花ではないらしく、自生の条件も気難しいと聞いている。

私の住む場所から、30kmくらい離れたところにも有名な群生地が有るとのことだが、標高1200m程度のハイキング感覚で歩いていかないと出会えないということで、億劫なまま、行かないで居る。


1204sp180.jpg行けば行ったで、きっと行っただけの喜びは得られるのであろうが、元来が面倒くさがり屋な私は、たぶんきっと、これからも山にまで登って片栗の花を撮りに行くことは無いであろう。

そんな私だが、花回廊で咲いている片栗の花を昨年見たときは、その特異な花の形と、ひっそりとした咲き方に少なからず、気持ちが動いた。

花回廊だけなのか、花が数センチ感覚で咲き誇るのではなく、1m程度離れた感じて咲いている。
群生地や自生地の咲き方は違うのかもしれないが、私にはこの花の、少しずつ離れた、一人一人が自立して頑張っている姿のような咲き方に魅力を感じてしまった。

アーミーカラーの葉を横に広げ、折り紙のような花は首を下に向け、虫たちが受粉してくれるのを待っている。
茎が長く、絞りを開けて撮ると背景から花だけ浮き、葉とのバランスが難しく、絞って撮ると背景がうるさい場所で、今年もなんとなく納得の行かない記録的な写真になってしまった気がするが、また来年、リベンジを懸けたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 片栗粉!
きらりきらさん、おはようございます。

片栗粉が取れる植物はこのカタクリの花やったんですね。
僕は何かの芋から取れるデンプンだと思ってましたわ(笑。

写真をやってなければ、カタクリの花の存在さえ知らぬまま過ごしていたことでしょう。

地面に低くポツンと咲く花は、撮影角度に悩みますね。(^^ゞ
けんちゃま 2008/04/01(Tue)09:40:50 編集
» どうもー
けんさん、こんにちわー。

片栗ってそう言うことらしいです(笑)
なんでも、根っこの部分のでんぷんが片栗粉になるみたいですね。

私も、写真やってなければ全く知らないまま死んでたでしょう(爆)

この花を撮る人は、大抵、腹ばいで撮る羽目になります(苦笑)
きらりきら 2008/04/01(Tue)14:09:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]