忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

佐賀県の吉野ヶ里遺跡を訪ねた。

2c9c50ad.jpeg

 

 

 

 

 

 

いつも近くを通るが、時間が空いたのでようやく立ち寄ることが出来た。


3018ef174.jpg約1300年前の日本の様子を再現したものらしいが、その当時、高さ20メートルを越えるいわば高層建築が立てられ、村が形成されていたという、この社会性の高さに驚かされた。

 

 

 

 

373fd1d9.jpeg神殿の中には有力者たちを中心に、様々な政が決められていた様子がマネキンを並べて説明されていた。

フロアの広さは20畳以上を越える。

 

 

 

 

3023ef174.jpgさらに上階に、巫女が神様から信託を受ける祭壇が祭られていた。いわば、この国の政治が決定される場所である。

 

 

 

 

 

3028ef174.jpg逆茂木が並べられ、堀がめぐらされ、村の周りのセキュリティーは高く、社会性の高さが伺えた。

 

 

 

 

 

e12effe9.jpeg当時へタイムスリップしたとしたら、言葉や服装は違うものの、精神的なあり方は、案外、今と変わらないのかもしれないと、建物や村のつくりを眺めると漠然と感じた。

 

 

 

 

 

3033ef174.jpg村の集落の塀の外から眺める。生えている植物なども極力当時に生えていたものを植えているとの事であった。

 

 

 

 

 

3047ef174.jpg村への入り口の門には鳥の模型が飾られている。

つまり鳥居である。境界線を表わすが、これは今の韓国でも田舎に行くと、似たような門があるそうだ。

やはり、昔の文化は韓国から伝えられたことの裏づけに思われる。

 

 

 

3041ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

3050ef174.jpg

 

 

 

 

 

 

合歓の木に実がなっていた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]