忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9451ef174.jpg年間を通じて、カメラのネタ探しを続けていくと、それなりのお気に入りの場所が出来上がる。

その場所へは、何度も足を運ぶわけだが、その度に四季の風景が味わえるので、意外と何度行っても飽きないものだ。

とにかく、写真を撮るようになり、四季の移り変わりや時間の推移、太陽の向きなど、本当に気になるようになった。

写真を撮らない人に、「最近空見た?」「お月さん見た?」とか聞くと、多くの人はジックリ眺めた記憶が無いと答える。
当然、現代社会は生き馬の目を抜く勢いで競争し時間の流れも速いわけだが、出来ればそんな生き方はしたくないな。

四季折々の移り変わりを見ることで、本当に心が豊かになっていく気がするし、年のせいだろうか?昔よりも花鳥風月を眺めて素直に感動することが多くなった。

若い頃なんか、そんなことを考えたりするタイプではなかったのだが。


9517ef174.jpg特に好きなのは、桜の時期とか、山々を走っていると山の中腹にポツリと山桜が咲いていたり、また紅葉の時期になると大銀杏が突然黄色くお寺をカラーリングしてみたりと、季節によってその場その場に咲いたり色変わりする植物の自己主張が堪らなく好きだ。

春以外には車で走っていて判らなかった場所に桜がポッと咲くと、「また会えたね」と嬉しくなってしまう。

そんな感じで、季節と共に植物たちが自分を着飾り、自分の存在をアピールしているのを見ると「僕はここに居るよ」「私はここよ」と、ひっそりと自分ならではの出番を待っていたかのように、彼らがやって来た気がして、とてもいとおしい。

自分が自分がと自己主張していかないと忘れられたり相手にされない人間社会に疲れたとき、きっと、こんな植物たちの姿を見て癒されるのだろうなぁ。

写真は、工事中のためルート変更を余儀なくされた山道で、ヤドリギに巻かれた樹に雪の華が咲いて、「撮ってー」と言ってる気がしたので撮りました♪

もう1枚は鳥取県溝口町の日光小学校横の風景。 遠くに大山を臨む。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんにちは。
きらりきらさん、こんにちは。
うんうん。と頷きながら読ませてもらいました。
写真に興味がなかった頃は、四季は体で感じるのみで、目では感じていなかったことでしょう。

今、自然の中でゆっくりとできる時間が、撮影と共にたまらなく好きになっています。
願わくば僕にももう少し青空を下さい(爆。
けんちゃま 2008/03/12(Wed)11:49:03 編集
» こんにちわー。
けんさん、まいどですー。

やはり年のせいですかね?
素晴らしい景色を見ると、それだけで感動できますし、花が懸命に咲く姿や、厳しい自然の中の植物の姿の凄さも判るようになってきました(笑)

こんなところも、写真が趣味でよかったなと思えます♪
きらりきら 2008/03/12(Wed)14:00:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]