忍者ブログ
写真撮るのが好き。やっぱり青空の下でシャッターを押すと気持ちいい。そんな写真好きの旅日記&フォトエッセーです。見たまま感じたままを絵にしたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普段使用しているEOS 20Dが電源を入れるたびに日付の設定を聞いてくるようになってしまった。と同時に、水中ハウジングで水中写真用として利用するようになったFinepixも同様に電源を入れるたびに日付を設定しなければならず、紅葉のシーズンに向けてメンテナンスに出すことにした。せっかくなので、春の桜撮りの時にシャッターユニットの異常を知らせるERROR-20を出したEOS 7Dも修理に出すことにした。

修理前にどれくらいの費用がかかるかメーカーに送り出して見積もりを取るだけでも2週間は掛かるといわれて、その間、娘が持っているEOS 40Dを使わせてもらうことになった。
PR
顔面神経麻痺になってから初の水中写真である。
お盆を過ぎての撮影は、例年であればクラゲも多くなり、大潮のあとだとエビの産卵などによりゾエアなどが孵化するため、それらによるぷらんくトン湿疹のトラブルも発生するので、海に入らなくなるのだが、この時期から熱帯性の海流に乗って様々な熱帯魚達が山陰の海にも流れ着いてくるので、それらを撮影したくてFinepix F11と水中ハウジングを海に持ち込んだ。

7月に潜ってから約1ヶ月。あのときに撮影した稚魚たちは順調に成長していた。
7月の終わり、顔面神経麻痺も急性期を過ごし、家での絶対安静も解けた為、バイクで近所の蓮池に向かった。
急性期を過ぎたとはいえ、長距離の旅も本格的な仕事もダメだと医者に言われたため、撮影のネタもないし、苦肉の策であった。

最近使用していないいろんなレンズを劣化防止のつもりで、いろいろと引っ張り出してみた。
まずはタムロンSP90mmF2.8macro。
7月の海の日に島根半島の笹子海水浴場へ出かけた。

目的は水中写真を撮ること。
毎年、カミさんと海に潜り8月の終わりに死滅回遊魚である熱帯魚達を見て楽しむのであるが、子供達も信じないし、またその美しい様子を撮りたい気持ちがあり、水中カメラに興味を持っていた。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。BLOGタイトルの青空の下での画像が多いですが、それにこだわらず画像は貼っていきます。(2008,2,16更新)
カウンター
アクセス解析
バーコード

Copyright © [ 青空至上主義♪ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]